ホームページで集客したいと思っている全ての人へ

パソコン

女性起業・副業コンサルタント、間実夏(はざまみか)です。

先日、こんなお問い合わせがありました。

「今あるホームページを集客できるホームページにしたいのですが、いくらかかりますか?」

このお問い合わせは結構多くて、特に法人企業からこのような相談をいただくことが多いです。

SEO対策についての相談も、個人よりも法人企業の方が多め。

集客のための投資が必要と考えて、予算をとっている会社や経営者は多いのですが、

ホームページのデザインを変えたり、表示スピードを改善したら、検索上位の記事を増やしてアクセス数を増やしたら申し込みが増える、集客アップにつながる、と考えている人に一言いわせて欲しい。

集客はお金じゃ買えない。

 

ホームページのデザインやSEO対策=集客力じゃない

ホームページをこだわりたい人は2パターンいて、「とにかく集客に強いホームページ」っていう人と、「デザインをおしゃれにしたい」っていう人。

デザインは好みだし、自分の好きなホームページの方が愛着も湧くしいいと思うけど、おしゃれだから集客できるわけじゃないし、専門業者に依頼してお任せで作るホームページほど集客に弱いホームページはない。

確かに最低限、必要な情報が含まれていて、見やすい設計になってることや、お問い合わせに誘導する流れを作ってあげる必要はあるけど、ちょっとくらいダサいホームページでも、集客に強いホームページはたくさんある。

この違いは、ユーザーニーズを的確に捉えたコンテンツがあるかと、その人の問題解決のためにお問い合わせやお申し込みがあるか、この2つが大事なポイントだと思う。

お金を払って何かを購入するということは、自分ではどうしても解決できない問題があって、それを解決するためにお金を払って商品やサービスを購入するわけだけど、ホームページやブログに書かれている内容が自分の問題解決をしてくれるだろうという期待が持てなければ、当たり前だけど、検討もしないし購入にも至らないっていうシンプルな仕組み。

ということは、「これこそ私が求めてたものだ!」って思ってもらえるようなコンテンツや文章を書くことの方がよっぽど集客につながると考えると、ホームページに対するデザインのこだわりは、自己満足の領域だなって思う。

集客がお金で買えない理由

これまではSEO対策や広告の力があれば、ある程度集客できていたし、軌道に乗せて市場認知度を上げていけば、その後の集客の流れはある程度見込めたけど、副業は完全実力主義だなって思う。

頑張ったら頑張った分の結果が出るし、手を抜けばそれなりのリターンしかない。

この実力主義の流れは、副業だけじゃない。

会社員にも同じことが言えて、AIができるような仕事の需要は雇用はどんどん減っていくと考えると、自分の個性や得意なことを活かした仕事を見つけるか、働き方をちゃんと考えないで、とりあえず条件が合いそうな仕事を選んでいると、ちょっと不景気になっただけで職を失ったり、収入が激減するのは時間の問題。

そもそも『好きなこと』を『仕事』にして『お金』を稼いで『幸せに生きる』ていうのは、人間の在るべき当たり前の働き方だなって思ったら、好きじゃないことを仕事にしたり、お金のために働くんじゃなく、自分にしかできないことで人のために貢献できるような仕事を見つけて行った方がいいし、好きなことだからこそ手っ取り早くお金で解決できるという安易な解決策に至らずに済む気がする。

ホームページは必要か?必要じゃないか?

こんな風にいうと、そもそもホームページって必要?とか、無料ブログで十分じゃない?とか、色々突っ込まれたりするけど、それはまた別問題。

ストックメディアを貯めておける自分の拠点となる場所は、最低でも1つは持っておいた方がいいし、無料ブログは本当に必要としている人が検索したときに発見してもらいづらい。(検索に引っ掛からなかったり、読みづらい構成だったり)

ということで、私の結論としては、ホームページはないよりはあった方がいいけど、ホームページが全てではない!って感じです。

ホームページに30万、50万、100万のお金をかけるくらいなら、マーケティングやブログの書き方を学んだり、ホームページの運用方法を学んだ方がよっぽど有益なお金の使い方だと思います。