• いまいちやる気が起きない
  • 心も体も頑張れない
  • ストレスを抱えている
  • 思うように物事が進まない
  • 自分に自信が持てない
  • 人の事が羨ましくて仕方ない

理由は分からないけどやる気が起きない場合もあるし、何となく理由は分かっているけどどうしようもない。

このままこの状態が続くと、うつ病になってしまうのでは?

いや、もしかしたらもう既にうつ病なのかな?

こんな不安や心配を抱えながら、モヤモヤしていると本当に病気になってしまいます。

自分の感情に目を向けたり、気付いてあげることはとっても大切なんですが、腫れ物を見るように触れずにそっとしまっておくことはあまりよくないんです。

自覚症状が無いのが『うつ病』

実は殆どのうつ病の人は、初めのうちは自分が『鬱』という事に気付きません。

なぜなら、心よりも体の不調が先に出てくるからです。

【兆候】眠れないとか、動悸がするとか、体がだるいとか、食欲がないとか、疲れやすいとか、月経不順、多汗症、全身の凝りなど人によって症状は様々です。

【進行過程1】こういった体の不調が現れ始めると、人と会う事や人と一緒にいることが疲れたり、苦痛に感じてきて、そのうち引きこもりになりがちになってしまいます。

【進行過程2】1人の時間が増えると、嫌でも自分自身と向き合う時間が増えてしまいます。

【進行過程3】そうして自分自身の心の声に耳を傾けていくと、不安や心配が増えて、自信が無くなっていきます。

【発症】こうしていつの間にか本当のうつ病になってしまいます。

このように、気付いた時には既に進行していたというのはよくある事。

そして、「もしかして鬱?」と思うよりは、「私は鬱とかじゃない」という否定や、受け入れない思いの方が強いのが特徴です。

育児うつ、育児ノイローゼ

ストレスの代表ともいえるのが子育て中のママ。

子育て中のママがイライラしたり、うつ病かな?と思える症状になると、大体の人が原因は子育てによるストレスが原因だと思うはず。それでも逃げるわけにも、放棄するわけにもいかない。

会社なら辞めればいい。

恋人や夫婦関係でのストレスなら関係を解消すればいい。

でも、辛くても、大変でも、なんとかして向き合わないといけないのが子育て。

乳児期だけじゃなく、幼児期、思春期、反抗期と何度もやってくる子供の問題や、親としての子育てに対する悩みは、一時しのぎではどうにもならない長期的な課題だったりします。

ママ達の抱えるストレスの主な原因

  • 子育てに対する責任の重さ
  • 自分のペースで生活できない
  • 睡眠や食事が不規則になる
  • 1人の時間が無い事
  • 義理の家族や親せき、地域交流やママ友など新しい環境への対応と気遣い
  • 悩みを相談できる人がいない
  • 子育てが自分の思い通りには進められない事
  • 社会からの孤立感
  • 月経不順などホルモンバランスの崩れ
  • 産後の体型や体調不良、老化が加速する事で女性として自信が持てなくなる

子供がいるママなら、どれか1つは思い当たる経験や当てはまる部分があると思います。

でもこんな思いや経験があるからって、みんなが病気になったりするわけじゃないし、性格がまじめだとか、コミュニケーションスキルが低いとか、若いからとか、人生経験が少ないからとか、なりやすい人の特徴や原因、理由についても一概には言えない。

つまり風邪をひいたり、花粉症になるように、誰でも発症する可能性があるという事。

育児ストレスを感じているママが簡単に元気になれる4つの方法

ストレスをうまく発散できなかったり、気分転換の方法が分からない、人に話してもどうもスッキリしない。

そんな時は悩みの原因を探したり、解決させることよりも、ママ自身の枯渇した心を潤してあげることが大事だと思う。

 

だってどんなに原因を探したって子育ては継続しなければならないし、育児書や専門家、周囲の人に相談してアドバイスや解答をもらったって、その方法が必ずしも解決に結びつくかも分からないし、自分に合った方法ともかぎらない。

まず第一に、ママの心を元気にしてあげて、それから問題とどう向き合うか、どう解決させていくかを考えていくのがベストな順序だと思う。

そこで今日は誰でもすぐに実践できる『簡単に元気になる方法』を5つご紹介しようと思います。

これは、私が落ち込んだ時や、壁にぶつかった時によくやる方法で、どれも簡単にできるので本当にお勧め。

 

ありのままの自分を出せる人と過ごす

ストレスを感じる人や気を使う人と会わない。これは基本中の基本。

こんなの考えなくてもやっているよという人も多いのかもしれませんが、意外となあなあになってしまうのが人付き合い。

例えば仲のいいママ友からランチのお誘いがあったとします。快くOKしたけど、後でそのランチに苦手な人も来る事が判明。そういう時、約束しちゃったし・・・と思って断れず、嫌な人がいる場所に行ってしまうと、自分からストレスを増やす原因を作りに行っている事になります。

こういう時は仮病を使ったり、家族の大事な用事ができたなど適当な理由をつけて断りましょう。

そしてエネルギーをもらえそうな人に会いに行ってみたり、1人が良ければ1人になれる時間を作ります。

私は1人になりたいと思った時は、託児所にお金を払ってでも1人になる時間を作ります。

1日じゃ足りなかったら、ママの気が済むまで何日でも預けるんです。

手っ取り早く外観から変えてみる

女性はお化粧、髪型をいつもと変えるだけでも少し気分が変わりますよね。

けど、ストレスを抱えている時はそんなレベルじゃダメ!

洋服にバッグや靴など、身に付けて気分が上がる物を買ったり身に付けて全身を変えてみること。

この時のポイントは、自分がママという認識を捨てること。

動きやすいママファッションは一旦置いといて、自分が好きな洋服、着たい洋服、履きたい靴を選ぶ事が大事。

成人式や子供の入学式に着物を着た時、背筋がピンと伸びて、歩き方や振る舞いまで変わった経験はありませんか?

パーティーや結婚式でドレスを着て、ヘアスタイルやお化粧をいつもと少し変えただけで、気分が上がりませんか?

このように、外観を変えることは、一瞬にして自分を別人に変えてくれたり、なぜか自分に自信を持つことができるんです。

好きなところへ行ってみる

お気に入りのお店や好きな景色が見える場所など、空間や場所の力を借りる。

海、山、都心、好きなカフェ、パワースポット、思い出の場所。

どこでもいいから行ってみたい所にどんどん出掛けてみることは、旅行みたいに行く前からわくわくしたりするので結構お勧め。

資格を取ったり何か新しい事を勉強してみる

興味のある情報は脳に良質な刺激を与えてくれます。

本でも雑誌でもセミナーでも何でもOK!

とにかく興味のある事、勉強したいと思える事、深く知りたいと思う事があったら一番没頭できる方法が学びだと思います。

学びや知識は自分の力にもなるし、人生や仕事にも活かせるので、未来への行動にもつながっているという事からもお勧め。

ただ勉強するよりは、試験合格とか、1か月に3冊本を読むとか、何か目標を持ちながらやってみると良いと思います。

 

どうですか?

あなたにもすぐにできそうなこと、ありましたか?

元気になれる方法は1つ1つを項目に区切って説明してみたんですが、要は好きな事ややりたい事をやる、ただそれだけなんです。

ストレスを抱える多くの人はやりたくない事、もしくは、本当はやりたくないと思っている事に多くの時間を割いている事が問題なんです。

でも、ストレスをMAXで感じている人は、やりたい事が何なのかもわからなくなってしまう。

だからすぐに実践できる4つの方法の中から、できる事を1つでも2つでも実践してみる事をお勧めしたい。

お金ってこういう事に使うんです。

これを無駄遣いとか、罪悪感とか思っちゃダメ。

 

そしてこういう事にお金を使う事はご褒美でも贅沢でもない。

人として当然の権利なんです。

あなたの勇気の一歩、信じて行動した一歩が、幸せな未来を作ります。

それでは明日も素敵な1日をお過ごし下さいね!

女性の起業相談・コンサルティング依頼はこちら

好きな事、やりたい事にチャレンジする女性の起業をトータルサポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1978年北海道生まれ、横浜市在住、二児の母、起業コンサルタント、講師。 会社員時代の14年間で保険、金融、IT、不動産、ホテル業で、営業職と新規事業の企画やマーケティングを経験。 これらの経験を元に2016年に主婦やママ向けの教室事業とコンサルティング事業で起業。 現在は子育てママを中心としたサークル、交流会などイベントの企画・運営を始め、起業コンサルタントとして活動中。