【オンライン起業の始め方5日間の動画講座】プレゼント!今すぐ視聴する>

「本当にやりたいこと」を見つける3つのコツとポイント

本当にやりたい事が何か見つからない。

でも全力でやりたいと思えることを見つけたい。

そう思っている人も多いと思います。

私たちは生きている限り、幸せを追い求めるのは普通のことで、豊かな時代で人並みに生活できている人は、その先の生きがいや使命といったものに意識を向けられるようになると思います。

少し前の私も、自分のやりたいことが全くわからず、モヤモヤしていました。

趣味も得意なこともない。長年やってきたことも特に見当たらない。

私にとって、本当にやりたいことって何だろうと思いながらも、何となく起業という働き方をスタートしたのが今から5年前。

そして気づけば、好きな事が仕事になっていて、自分が人生をかけてやりたいと思えること、全力で向き合えるものが見つかっていて、そのために全力で日々向き合えている自分がいます。

そんな私が、自然に自分のやりたいことが見つけられた3つのポイントをご紹介していきます。

目次

やりたいことが見つかるポイント① 時間やお金を使っていること

やりたいことというのは誰かに止められても、実は自然とやっていることの方が多かったりします。

例えば家族や友達に「やめなよ」って言われても、ついついやってしまったりするもの。

それが自分の本当にやりたいことだったり、自分が楽しいと思えることにつながっているヒントだったりします。

多くの人が気づいていないだけで、実は自分が好きなことややりたいことは、すでにやっている事がほとんど。

どうしても見つからない人は、仕事や家事、育児など違う事に追われて、封印している何かかもしれません。

時間もお金も無限にあったら何がしたいか?

そんなオープンクエスチョンを自分に問いかけて、真剣に考えてみるのもおすすめです。

やりたいことが見つかるポイント② 人生にリミットをつける見えてくる

当たり前の毎日を生きていると、1ヶ月後も、1年後も、10年後も、このままの延長線上の人生になります。

・余命があと1年だとしたら、明日も、明後日も、同じことをやり続けるかどうか?

・明日人生が終わったとしても悔いはないか?

・この先10年、20年後も同じような生活をしている自分に対して、どう感じるのか?

違和感やこのままじゃ嫌だと思ったなら、今が人生の選択肢を変えるタイミングです。

やりたいことが見つかるポイント③ 徹底的に無駄な事・やらない事を決める

本当にやりたいことを手に入れるためには、努力しなければいけないことはたくさんあります。

ただ、やりたい事とやりたくない事をやっているとでは、決定的な違いがあります。

それはプロセスを楽しめているかどうかです。

やりたいことをやっている時間って本当にあっという間で、気づいたら夜中になっていたとか、こんな年齢になってたなんてこともよくあります。

毎日が楽しめていないことの方が多い人は、やりたくないことをたくさん選んでやってしまっている事がよくあります。

一つずつでも良いから、やりたくないと思っていることを終わりにしてみたり、やりたくないと思うことをやる意味や、それをやり続けることで何が得られるのかを考えてみてはいかがでしょうか?

本当に必要かどうか、ちゃんと確かめながら、不必要なものややらなくてもいいことをどんどん手放していくと、本当にやりたいことに対してだけ、自分の大切な時間が使えるようになると思います。

やりたいこと=仕事になるとは限らない

多くの人がはまる落とし穴というのはやりたいことが、仕事やお金に結びつけづらい、もしくは結びつかないと思っていることが原因だったりします。

確かに、やりたいことが全てお金を稼げる手段や仕事につながるとは限らないかもしれないです。

ただ、やりたいことにいろんな形で携わる事って出来ると思うんですね。

例えば、小さい頃の夢が「野球選手」だったとしても、実際には野球選手という選ばれた人だけがなれるハードルをいくつも越えて行かないといけません。

でも、そこに携わることはできるはず。

野球選手を支える側の人間として、メンタルサポートやトレーナー、コーチ、スポンサー関連の仕事など、自分に合った方法で自分なりの野球に携わる方法があったりします。

もしかしたらそっちの方が自分に合っていたかもしれないし、やりがいを感じる事ができたら、それが新しい「やりたい事」になる可能性だってあります。

もちろんファンとして応援する側だって、しっかり野球を支えている一人です。

お金や仕事にすることに直結することだけを追い求めようとして探すと、本当にやりたいことが何なのかがぶれてしまいがちなので、まずは自分が心から楽しいと思えることが見つけることから始めてみると、不思議なことにいつかちゃんと繋がっていくものなんです。

私が欲しいものを手に入れるためにやっていること

私は欲しいもの、やりたいことを全て手に入れて生きてきました。

実はこれは特別なことでも何でもないんです。

なぜなら、私がこれまでやってきた講座やコンサルで、実際に数百人の方に質問してきたからです。

みなさんがこれまでの人生の中で、どうしてもやりたかったことで、できなかった事は何ですか?

という質問に対して、99%の人が3分待っても見つからないという結果があったからです。

「欲しい」と「できる」は違います。

欲しいものを先に見つけたら、次に、どうやったらそれが手に入るか、どうやったら出来る自分になれるかを考えるだけです。

結論:やりたい事が明確な人はあまりいない

私はこれまでに200人以上の起業や副業始めたい人の相談を受けていたんですが、大半が資格やスキルを取ったからそれを仕事にしたいという内容です。

でも本当にやりたいことって、どっかで学んだ資格・・・って事は実はあまりなくて、何となくこれが仕事になりそうだから、できそうだからという理由の方がほとんど。

本当にやりたいかどうかは、頭で考えるものではなく、自然にやってしまっている事なんだと思うんです。

そこに気付くと、どうやって集客したり売れば良いのか?という考え方ではなく、自分の得意なことを外に向けて発信するだけで、ただやりたいことを楽しんでやっているだけで、それを教えて欲しい、買いたいという人が現れたりするものです。

つまり、やりたい事を探そうとするとなかなか見つからない本当の理由は、やりたいことは見つけるものではなく、自分は何をやりたいかっていう事に気づいて認める。

ただそれだけなんです。

あまり難しく考えず自分のやりたいことをシンプルに探してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる