ブログで集客できない原因と対策や対策方法を徹底解説

パソコンと悩む女性

こんにちは!
個人事業のWebマーケティングコンサルタント、間実夏(はざまみか)です。

集客を目的にブログを始めたけど、全然アクセス数が伸びない、ブログに何を書けば良いのかわからない、そもそもブログでどうやって集客すれば良いのかいまいち分からない・・・。

そんな方向けに、ブログで集客できない原因から、どうやったらブログをたくさんの人に読んでもらえて、お申し込みや購入、来店につなげていくのかについて、ご紹介していきます。

ブログが集客に繋がらない10の原因

ターゲットが曖昧・広範囲すぎる

ブログは、ネット検索で情報を探している広範囲の人にアプローチする手段として効果的です。

だからこそ、ターゲットをしっかり絞って記事を書かないと、興味を持ってもらえない=クリックしてもらえない=読んでもらえないんです。

よく、「あまりターゲットを絞りすぎちゃうとたくさんの人に見てもらえないのでは?」という心配をして、万人受けしそうなネタやブログを書く人もいるんですけど、そういうブログに限って、誰にもクリックしてもらえずに100位以下の圏外に埋もれてしまう可能性大です。

「私が求めていた答えはここにあるに違いない!」と思ってクリックしてもらうためにも、ターゲットを明確にしてから記事を書く事が大事です。

ブログ内容に統一性がない

例えば飲食店のブログ。

お店のこと、店主について、お店や味のこだわり、日々試行錯誤している様子、新メニュー開発までの道のり、人気メニューの秘訣、お客様の声、こんな内容が書かれていると、お店に行った事がない人でもお店のことをよく知る事ができて、自然と行ってみたいお店の候補になっていたりします。

でも、よく見る飲食店経営をしている方のブログといえば、お店や料理のことよりも、新しいお花が咲きましたとか、今日の天気とか、こんな集まりや勉強会に参加してきました、などなど、お店や料理と全く関係ない事が書かれていたりします。

プライベートブログは、ファン向けのブログとしては効果はあるんですが、新規のお客様を取り込もうと思うならNG。

ブログに何を書けば集客につながるか?を考えて、お客さんが知りたい事、興味を持ってくれそうな事、食べたくなるような写真や動画など、PRや宣伝に統一した内容を発信し続ける事が大事です。

タイトルが魅力的じゃない

ブログを読んでもらうためには、タイトルってすごく大事!

本だって、映画だって、どれを買おうか、どれを観ようか迷っているときは、タイトルを見て、ピン!ときた物を手にとったり、調べてみたりしませんか?

これはブログも全く同じで、検索結果に表示されるブログタイトルが魅力的じゃない、クリックしてみたいと思わなければ、中身がどんなに良くても読んでもらえることはなく、お蔵入りしてしまいます。

ブログに書きたいことを書いている

思いつきで「今日はこれ書こう!」ってブログを書いて、検索やアクセス数が一気に増えるということはまずありません。

ブログって、検索キーワードの答えなんです。

ということは、どういう人がどういう意図で、検索キーワードを入れているか、どんな情報を求めているか?

この辺をしっかり明確にした上で、ブログを書かないと、誰に求められていない記事を書くために貴重な時間を費やしていることになります。

そしてブログというと、ついつい知っていることや経験談から、上から目線で一方的にアドバイスをするといったブログを書いてしまう人が多いのですが、これはすでにあなたのファンがいる状態でやることです。

新規の検索数を増やしてそこから集客に繋げたいなら、書く内容や読みやすくするための文章構成ってすごく大事。

もし書きたいことを自由に書きたいなら、最低でも1000人以上のファンを作ってからにしましょう。

 

営業や売り込みがすごい

検索ユーザって基本的に、検索で解決できる答えを求めているんですよね。

もうすでに購入意思があって、最後にどっちにしようか迷っているような段階で検索している人は、検索ユーザ全体のたったの1%しかいないって言われているくらい、みんな無料の情報を求めているんです。

それなのに、この商品がおすすめ、購入はこちら、という営業文がやたらと書かれているだけの記事では、「このサイトは営業の匂いがぷんぷんする」と思われて離脱されてしまうのがオチ。

そうならないためには、やっぱり文章の構成が大事なんです。

実際に会う人でも、初対面の人に突然、これいいから書いなよ!なんて言われたら、感じ悪いですよね。

どういう商品をおすすめしたいかにもよるけど、営業色が強すぎるブログの書き方はおすすめしません。

文章が読みづらい

ブログでアクセスを集めるためには、文章力や国語力が問われると思っているあなた!

私もそう思ってました。

私、文才ないしな・・・・。

しゃべりも下手だし、話にオチがない、つまらないってよく言われるので、ブログに対してもかなり抵抗があるというか、まとまりのないブログを書いてしまいがち。

そんな私がブログを5年近く書き続けて、毎月数千人のアクセスがくるブログになり、ブログコンサルが仕事になるくらいまでに成長できたのは、ブログには構成があるということを知ったからです。

ブログには型というものがあって、文章を書く順序や書き方のポイントがあります。

中でも有名なのが、PREP法です。

P・・・結論
R・・・理由
E・・・事例や具体例
P・・・結論

ブログ初心者は、まずはこの順序で書くことに慣れると、読み手にとってわかりやすい文章の基本が身につくと思うのでぜひ意識して書いてみてください。

 

情報量が少ない・内容が薄い

ブログで検索上位にするためには、2000文字以上書いたほうがいいとか、聞いた事がある人もいるかもしれませんが、文字数の問題とかではなくて、1つの情報をさっきのPREP法の文章構成で、きちんと説明や解説をしながら答えを書いていくと、自然に2000文字くらいの文字数になるんですよね。

逆に、2000文字も書けないということは、情報が薄い、中途半端、分かりづらい部分が残っていると言うことだったりします。

たまに「詳細はまた次回のブログで書きますね」とか、「もっと詳しく知りたい方は〇〇で検索してみるといいですよ」みたいに、他の記事に誘導するブログを目にする事がありますが、あれこそ完全にNG!

別記事に誘導するくらいなら、自分で説明文を書くなりして頑張りましょう。

 

他のサイトのブログの方が見やすく分かりやすい

どうやったら検索ユーザや読み手にとって、わかりやすく読みやすいブログになるのかが分からない方は、実際に検索してみるのが一番手っ取り早く答えを知る方法です。

狙っている検索キーワードで実際にGoogle検索してみて、上位に表示されている記事を読んでみてください。

そこに書かれている内容よりも、読みやすく、分かりやすく、情報がまとまっていますか?

ターゲットが求めている答えが、あなたの書いた記事を読むことで解決や解消できますか?

 

SEOに弱いサイトでブログを書いてる

ブログを書くメディアには、無料で利用できるものと、WordPressなどのように有料で利用するものがあります。

趣味や集客が目的じゃない場合は、無料ブログでも全然いいと思います。逆にお金をかけるのもったいないです。

でも、ビジネスや集客目的の場合は、有料で利用するブログサイトがおすすめです。

理由はただ1つ、SEO対策しやすいからです。

SEO対策って、ブログを検索で上位にするための設定や施策の事なんですが、分かりやすいパーマリンク(URL)にしたり、ディスクリプションを設定したり、画像にalt属性をつけたり、見出しを正しくつけたり、まあ他にも色々やることはあるんですが、ここにさらっと上げた内容を単純にアメブロやはてなブログ、シーサーブログでできるか?って言ったらできないですよね。

そういう設定項目が見当たらないというか、なんのことだかさっぱりと言う感じだと思います。

WordPressはSEO対策に必要な設定項目が全部利用できます。

せっかくブログ書くなら、検索で上位を狙いたいし、たくさんアクセス数やPV数を集めて、集客に繋げたい。

そう思うなら、有料にしない理由は見つからないかなと思います。

集客動線ができていない

ブログはただ書けばいいというものではないし、アクセス数が多ければ集客に繋がるわけでもない。

ちゃんと集客につながる動線を考えて、あれこれ設計する必要があります。

それがマーケティングという部分なんですけど、絶対やって欲しいのはブログのゴールをちゃんと作ることです。

ブログを読んで、なるほど!よくわかった!と思った先には、購入や来店、お問い合わせなど、何か行動してもらう流れを作らないと、せっかく来てくれたお客様も逃してしまうことになるので要注意!

 

今すぐできるブログ集客6つの改善方法

ターゲットを明確にする

まずは、あなたが売りたい商品・サービスが求められているユーザ層、もしくはメインターゲットにしたいユーザ層などターゲットを明確にします。

30代女性、50代男性のように大雑把なターゲットよりも、片思いの相手を振り向かせる努力をするように、30代の主婦でダイエットしたいけど家事や仕事、子育てが忙しくて時間もお金もあまりかけられない人・・・みたいに、なるべく詳細なプロフィールを設定して、その人の悩みの本質ってなんだろうか?その人はどんなことに興味があって、どんなものなら欲しいと思うかな?と言ったように、検索ユーザであるターゲットが目の前にいると想像しながら、思わずクリックして読みたくなるような事を記事にしてみてください。

キーワードやタイトルを意識する

ターゲットを明確にしたら、検索キーワードとそのキーワードを含めたタイトルで記事を書く事が大事です。

ブログの内容が、キーワードを意識した内容になっていたとしても、タイトルでそのブログの内容が想像できなければ、検索で上位にも来ないし、クリックもしてもらえません。

キーワードは、多くても3つ位までにして、インパクトのあるタイトルを考えてみましょう。

タイトルで悩んだら、実際に検索上位表示させたいキーワードを検索してみて、上位に表示されているタイトルを参考にしながら、作ってみるのもおすすめです。

競合リサーチをする

ブログで検索上位に上げるため、クリックしてもらえるようにするためには、やっぱり競合をしっかり知る事が大事!

競合知らずして、戦略は立てられないですよね。

もちろんガムシャラに毎日ブログ書き続けてもいいのですが、すでに上位にいる競合サイトやブログ記事を読めば、なんでその記事やサイトが人気があるのかが見えてくると思います。

その上で、どんなブログを書けば良いかを考える方が、漠然とブログを書いて、アクセスが増えない・・・と嘆くよりもよっぽど効率よく集客につなげる方法です。

検索したキーワードの答えになる記事を書く

検索している人は、みんな答えが知りたいんです。

ということは、検索キーワードに対する何かしらの回答を提示しなければ、良い記事とは言えないし、この人から買いたいとか、この人にお願いしたいとは思わないですよね。

検索キーワードの答えというのもまた、すでに検索上位にあるブログ記事を見ることで、簡単に知る事ができます。

ブログのゴールを決めて誘導する(集客動線を作る)

ブログで集客したいと思うなら、必ずゴールが必要です。

たまにブログの最後に、【最後までお読みくださりありがとうございました】という締め括りをしている方がいますが、ただのお役立ち記事やコラム、ファン向けの趣味ブログを書いているだけでは、なかなか集客にはつながりません。

アフィリエイトのように、広告クリックや物販系の本サイトへの誘導は、比較的シンプルに行動させる事ができるんですが、ブログを集客目的で書いている人は、自分のお店や教室などに足を運んでもらったり、そこそこ高額な商品を購入してもらう事が目的です。

これって結構ハードル高い事なんですよね。

ブログを1記事読んだからと言って、そこに行く、即購入とは結びつかないので、まずは何か行動してもらいやすい方法を考えて、そこに誘導するのがおすすめです。

無料相談とか、お試し〇〇とか、メルマガやLINE登録で〇〇ダウンロードとか、SNSのフォローお願いしますとか、いわゆるフロントというところに誘導して、見込み客としてコアな関係を気付ける場所に誘導したり、有益な情報を配信したりというように、検索ユーザとあなたが接点を持つ場所に誘導する流れがブログのゴールになります。

CTAを設置する

ブログの最後には、CTA(コールトゥアクション)と言って、バナーなどを作って設置して、商品案内ページやお問い合わせページに誘導していくと、ブログ記事の中で、無理やり営業のオチにする必要がなくなり、自然に誘導しながら効果的に見せたい情報を見せる事ができます。

 

ブログ集客を短期間で加速させる方法

サイトを立ち上げて、ブログを書き始めて、実際にアクセス数が増えたり、集客につながるまでには、3ヶ月以上かかる事がほとんど。

ブログ集客は即効性があまりなくて、以外と時間がかかるんです。

そこで、少しでもブログをたくさんの人に見てもらえるためにできる事をご紹介します。

SNSを活用する

SNSは、ネット上でもっとも即効性のあるメディアとして活用されます。

Twitterでトランプ大統領がツイートした内容は、一瞬で瞬く間に全世界やニュースにも取り上げられるというくらい、情報伝達速度の速いメディア。

SNSはいろいろあるけど、LINEやFacebookは繋がりやフォロワーがある程度いないと見てもらえないとか、それぞれの特徴もあるので、何を売りたいかによって使い分ける必要があります。

とは言っても、有益な情報や面白そうな情報、役立ちそうな内容は、自然にシェアしてもらいやすい傾向があるので、うまく取り入れながら、ブログやサイトをPRしていくといいと思います。

トレンドキーワードを意識する

SNSのハッシュタグや検索キーワードには、旬と言われるトレンドがあります。

ネットに詳しくない人でも、ニュースやメディアを見ていればよく聞くキーワードや何が流行っているかは自然と情報が入ってくると思います。

そういう最新の流行キーワードに絡めたタイトルのブログ記事を書く事で、一時的ではありますが、注目やアクセスを集めたりする事ができるので、気になるキーワードがあったら取り入れてブログを書いてみるといいですよ。

まずは1日1ブログを30日間続けてみる

質量転化の法則と言って、しのごの言わずにとにかく毎日ブログを書き続ける!

まずは毎日書くという習慣化ができない事には、SEOも、キーワードリサーチも、意味がない。

かくいう私も最初はこれでした。

とにかく毎日1記事、ブログを書く。

内容が中途半端な記事や、読みづらいブログもたくさんあったけど、毎日書き続けただけで、ブログサイト立ち上げ初月から4000PV以上を達成していて、2ヶ月目には募集した講座がしっかり満席になりました。

 

まとめ

今回は、ブログを書いてもなかなか集客に繋がらない人向けに、ブログ集客の原因と改善策についてご紹介しました。

ブログで集客するためには、単にアクセス数やPV数を集めるだけでは、お申し込みや売上アップには繋がらない。

あなたが書いたブログを読んで、欲しい!買いたい!と思ってもらい、行動してもらう必要があります。

初めのうちは、ブログを書くだけでも時間がかかってしまうし、手間に感じる部分もあるとは思いますが、まずは1ヶ月続けてみてください。

それだけでも、アクセスアップやお問い合わせなど、反応がしっかり見えてくると思うし、ブログを書くということ自体が習慣化されると、安定した集客や売上アップにもつながっていくはずです。

そして、まだWordPressを始めていない人は、ブログで効率的に集客したり、時間を無駄にしないためにも、今すぐ始めることをおすすめします。