自分の人生を決めるのは私自身。早いも遅いもない。

女性の横顔

5年前、私は近所でパートの仕事をしていた

家事と子育てと、両立させるために「近所」で「働きやすい場所」を選び、主婦として妻として、「子供や家族のこと」を優先するための仕事を選んだ。

毎日はそれなりに楽しかった。

自分の時間もあったし、子供との時間もあり、少しのお金と少しの余裕、楽しい家族との時間。

結婚して主婦になること、母になることは、こういう時間やこういう毎日が幸せなことだとずっと思っていたし、それが叶って幸せだった。

それなのにいつも何かに不満を感じていた。

 

子供がいうことを聞かない。

夫が家事を手伝ってくれない。

私ばかりが毎日こんなに頑張っているのに。

家族のために、私ばかり頑張って、私ばかり我慢してる・・・

 

こういう毎日を生きるために結婚がしたかったのかな?

目の前の幸せに幸せを感じない自分は、ただのわがままな人間なのかな?

 

どんどん自分が分からなくなっていく。

どんどん自分に自信がなくなっていく。

 

このまま家族のために、いろんなことを我慢して、犠牲にして、不満を抱えながら、こういうものだと自分に言い聞かせて、欲しいものもやりたいことも、全部「家族のため」に我慢して歳をとっていくのかな。

いつからかそんな不安や苦しみから逃れられなくなっている自分に気付き、思った。

 

「このままじゃ嫌だ」

「でも一体どうしたら?何をしたら変われる?」

「私は何をしたいの?」

 

自問自答の日々が続き、モヤモヤする日々が続き、何か資格でも取ろうと勉強してみたり、いろんな本やブログを読み漁った。

何かの答えを見つけたくて。

目的のない自分が求めている「何か」を必死で探し続けた。

 

そんな時、突然、夫が仕事を辞めた。

その頃、我が家は2人目の子供が生まれたばかりだった。

 

家族4人を養うために、もっともっと仕事を頑張ろうと思っていた矢先の出来事。

会社の大きな事業改革があり、働いていた事業部の閉鎖が決まり、これまでの仕事ができなくなるだけじゃなく、収入が半分以下になるという。

 

辞める必要はなかったけど、提示された額のお給料では、家族4人が生活していくくらいがやっと。

この会社に居続けて、未来に希望が持てないのなら、働く意味を感じない。

 

その夫の気持ちを察し、私は夫の仕事を辞めることの背中を後押した。

 

2015年12月のクリスマス。

 

夫は仕事を辞めることを会社に伝え、私は2人目を出産直後で専業主婦だった。

 

当時、夫は45歳、私は37歳。

2人とももうそんなに若くないし、再就職でゼロから始めて、希望の収入を得ることが難しいことも分かっていた。

 

2016年。

私たちはゼロから全てをスタートさせた。

 

細々と貯めてきた貯金は徐々に底が見え始めてたけど、それと引き換えに、ずっと「私ばかり家事や育児をやってる」という不満はなくなった。

仕事を辞めた夫は、家事を手伝ってくれたり、子供達を公園に連れて行ってくれるようになった。

収入と引き換えに、夫の家事や育児への協力、24時間一緒にいる家族の時間ができた。

 

ある意味、願いは叶った。

 

でも、そうじゃない。

 

お金は必要だ。

生きていくためにも、家族を幸せにするためにも。

 

家族といながら、働ける方法はないかを考え、私たち夫婦は、会社に勤めることを働く選択肢から外した。

 

あれから4年。

望んだものが一つずつ、手に入っていることに気付いた。

 

ストレスのない生活、健康、好きな事ができる毎日、欲しいものを手に入れる経済力、家族と快適に過ごす家、自分らしい生き方。

 

進みたい未来に一歩ずつ確実に近づいているのは、変化を恐れず、自分を信じ、行動し続けられたから。

 

あなたが望めば、いつからだって未来は変えられる。

自分の人生を決めるのはいつだって自分。

自分次第で、未来も、世界も変えられる。

 

who is gonna chenge your life?

who makes you happy?

Don’t think, just do it.

 

あなたがあなたの人生を変えるのに必要なのは、お金じゃない。

素直に自分らしく生きる事を恐れない勇気だ。