【選ばれる個人サロンの作り方】行きたい!と思わせる新規集客のコツ

ピンクの花とバスソルトの画像

こんにちは!
個人事業のWebマーケティングコンサルタント、間実夏(はざまみか)です。

 

どのお店にとっても新規集客は、それなりにお金や手間、労力がかかりますよね。

大変だからこそお客様の方から「このお店に行ってみたい」って思って来店してもらえる事が理想的ではないでしょうか?

 

悩みを抱えているお客様にとって、サロン選びは大切です。

他では解決できない、自分でも解決できない。

だからプロや専門家の力を借りて解決する方法を探しているはずです。

 

ですから、なんとなく「ここでいいかな〜」と思って来店する新規のお客様と、「このお店に行ってみたい!」と思って来店する新規のお客様では、来店前の意識が全然違います。

「行きたい」と心待ちにしている予定なので、初回来店時のキャンセル率も減るし、実際に来店して良ければリピーターになってくれる確率はとても高いんです。

でも反対に、期待値が高い状態で来店するので、想像していたより良くなかった、普通だったという結果では、がっかり度合いが逆に高くなってしまい、再来の可能性が極めて低くなってしまう傾向にあるので注意も必要です。

そこで今回は、サロンや整体院の経営で目指したい、お客様に「行きたい!と選んでもらえる集客のコツ」に必要な2つの方法をご紹介します。

 

魅力のあるサロン作りに必要な2つの考え方

サロンや整体院の集客を増やすために考えるポイントは2つあります。

1つ目は、今現在、集客できない原因を探ること

2つ目は、これから集客を増やす方法を探すこと

 

集客できない原因の探し方

もし今、あまり集客できていないとしたら、必ず何か原因があるはずです。

原因は色々あるんですが、一番多い集客できていない原因は、宣伝・告知不足です。

新規集客とは、まだあなたのお店の存在や名前を知らない人たちがメインターゲットです。

あなたのお店を知らない人たちが、あなたのお店を知るための方法にはチラシや看板、口コミ、ネット検索など色々あるはずなので、まずは予算を検討しながらでも、できる事からスタートして、一通りのことを行なっていきます。

次に集客できない原因として多いのが、中身が見えない事です。

どんなメディアや媒体、手法を使ってもいいのですが、お店の事がちゃんと分かる内容を、分かりやすく伝える事が大切です。

あれもこれもと詰め込みすぎたチラシはインパクトが薄いし、ブログのようにだらだらと書かれた説明は読みにくいもの。

見やすく、分かりやすく、伝わりやすく、そして発見しやすい!を念頭におきながら、お店の情報をまとめていくといいと思います。

他にも予約方法の面倒さや、サロンオーナーの顔が見えるなど、不安や面倒な事を出来るだけ減らせるための努力をする事が大切です。

 

集客を増やす方法

集客できていない原因がある程度解決できたら、ここからはじめて「集客できる状態」になります。

集客する方法は色々ありますが、一番考えないといけないことは、あなたのお客様がどこにいるか?です。

 

徒歩や自転車で来るような近隣住民か?

チラシやフリーペーパーを見ているような人なのか?

Facebookやインスタで検索するような人なのか?

クーポンや比較サイトを見ているような人なのか?

GoogleやYahooなどを使ってネットで検索する人なのか?

 

業種や年代、目的によって、探し方は様々だと思います。

 

▶︎ネイルサロンを探している人の中には、インスタで流行ネイルをチェックしていて、ついでにサロン検索もしている人もいるかもしれない。

▶︎60代以上とかの年配の人ならあまりネットを活用しないから、チラシやパンフレットなど手に取って見てもらえるものが分かりやすいかもしれない。

▶︎なかなか解決できない悩みを抱えている人は、自分に合ったお店を探すためにネット検索で情報を探している人かもしれない。

▶︎色んなお店を比較検討したり、ネット予約が楽と思っている人は、ホットペッパービューティーを使って検索するかもしれません。

 

どの媒体に自分のお店に一番合うお客様がいるかを考えてから、集客方法を選んでいくと、無駄な行動や投資が抑えられて、かつ、効果的な集客ができるようになります。

 

まとめ

集客で悩んだ時は、まず先に集客できていない原因を見つけて解決してから、次にあなたを必要としているお客様がいる場所で告知や宣伝をするという、2段階のステップで解決していきます。

根本的な原因があるかもしれないのに、新しい対策や対処法を増やしても、解決にはつながりにくいもの。

身体やお肌なども同じであるように、何かうまくいかない時や問題がある時って、必ず原因があると思うんです。

  • 技術やスキルが未熟
  • 他と比べて基本的なサービスが劣っている
  • 告知・宣伝が不十分
  • サービス内容やアクセスなどが分かりにくい
  • 清潔感など衛生的な問題
  • 提供サービス内容と価格のバランス
  • お店の情報が探せない・知る方法がない

こういう課題を一つずつクリアにしていく事が、長く選ばれ続けるサロンを作る秘訣です。

 

メルマガ登録バナー画像