女性起業で成功するための目標の作り方

鏡を見る女性

こんにちは!
女性起業・副業のマーケティングコンサルタント、間実夏(はざまみか)です。

仕事をする上で最も重要とされるスキル、それがセルフマネジメントです。

会社員でも、副業やフリーランスで働いている人でも、仕事ができる人でセルフマネジメントができている。

ちょっとだけあなたの周りにいる仕事のできる人を思い浮かべてみてください。

仕事をできる人は、時間管理も、行動も、何かしら一定のルールを維持していませんか?

それが目標設定です。

仕事ができない人は、目標が不明確が故に、時間や約束にルーズだったり、行動や言動が一定していなかったり、その場や雰囲気、感情で動いている人が多いような気がします。

 

目標設定と行動管理のセルフマネジメントができるようになると、仕事の効率はもちろんですが、営業職など売り上げに直結する仕事をしている人は、成約率や見込み案件、お申し込みがどんどん増えていく流れができます。

仕事でも勉強でもスポーツでも、ある一定の効果を出すためには、やり続ける努力というものが必要です。

それがいつしか習慣化されていけば、改めて意識したり、特別頑張るという感覚がなくてもできるようになっていきます。

では、どうやったら確実に成果を出し続けていけるか?について、解説していきたいと思います。

 

起業で成功する法則① 目標を決める

目標やゴールを考えることは、毎日の行動の指標を明確にすることでもあります。

大袈裟に感じるかもしれないけど、毎日の行動ってきる意味”です。

将来やりたいこと、いつか手に入れたいこと、未来のなりたい自分。

なんでもいいけど、なんとなくの目標ではこの先の毎日は苦痛の連続になってしまうので、本当に欲しいものじゃないとダメです。

今の自分にできる、できないとか、可能、不可能とか、自分や置かれた環境に対してリミットをつけないで、心から切望する願いや、何がなんでも手に入れたい、達成させたい目標を見つけてみてください。

ここが定まっていないと、セルフマネジメントは始まりません。

 

起業で成功する法則② 目標の期日を設ける

目標達成の期日を決めることで、自分の中にそのタイマーがセットされます。

あと何日、あとどれくらい、あと何をすべきか?

3ヶ月で達成したいのか、1年なのか、10年なのか。

現時点の状態と目標とのギャップを埋めるために必要な期日ですが、気持ちのゆとりを優先して期日を長く設定したり、行動を先送りにすると、チャンスやタイミングを逃してしまうことになります。

急がないから、時間があるから、まだ大丈夫。

自分に甘えの許可を出せば出すほど、ゴールを手に入れる喜びを感じる日は先になっていきます。

時間と行動の優先順位を考えて、どう配分するかは自分次第です。

私は欲しいと思ったものは最短で手に入れたいと思う人間ですが、あなたはどうですか?

 

起業で成功する法則③ 実現可能なプランか見極める

短期目標でも長期目標でもいいのでスケジュールを決めたら、プランニングを立てます。

例えば受験だって、資格取得だって、明日の朝6時に起きるという日常の目標ですら、自然にやっていることです。

旅行だって、必ず目的の行先、旅行日程を決めたら、それまでにやらないといけない行動をとるはず。

それと全く同じです。

これができない人はいないはず。

だからセルフマネジメントは誰にでもできることなんです。

そして、自分で立てた計画に、できないことや不可能なことは含まれていない事も絶対条件です。

なぜなら、セルフマネジメントができてない人の大半は、できない理由を言い訳にしようとするからです。

だったら、最初からできそうにない事は、プランニングに入れないで計画を立てておけば良いだけです。

自分に言い訳しないためにも。

 

起業で成功する法則④ 常に目標を意識して行動する

人は頑張る動機がなければ、必要以上のパワーやエネルギーを出し切る事ができません。

計画に沿って行動する事が苦手と思っていると、常に現状や感情に流されます。

逆に、現状や感情に流されなければ一定の成果を出し続ける事が可能になります。

状況は常に変化するものだし、スケジュール通りに行かない事が起こるかもしれない。

そうなった時も、常にゴールを目指して、目標実現のために今何をすべきかを常に考えて、頭を使い続けないといけないんです。

経験のある目標以外は、計画通りに行くことなんてまずありません。

初めての挑戦なら尚更のこと、計画の時点で知らないこと、見えないことはたくさんあるし、途中で時間やお金が必要になったり、追加投資が必要になるかもしれないです。

そんな時も、ゴールだけ見失わなければ、着実に一歩ずつ目標達成の日が近づいていくはずです。

 

起業で成功する法則⑤ 目標達成するまで言い訳しない

セルフマネジメントは、自分で立てた目標と行動計画です。

やるのもやらないのも自由だし、誰にも責められない。

全ては自分に返ってくるだけ。

 

仕事ができない人がよくいう言葉は、

「時間がなかった」

「忙しかった」

「悩みすぎてできなかった」

「やる気が起きない」

など、言い訳やできない理由なんて、キリがないくらい作れるものです。

 

でもこれは全部自分への言い訳に過ぎません。

私がWebコンサルティングをしているお客様にも、期日までにやらなかった、できなかった、手が止まってしまうという人はいます。

そういう時、私は強要もしないし、急かす事もしません。

私はコンサルタントというわからないことを教えたりサポートする立場であって、上司や親ではないので。

個人事業主は自分が動かないと何も起こりません。

やったらやった以上の何かが得られるし、何もしなければ一円にもならない。

会社員みたいに、とりあえず会社に行けばお金がもらえる楽な仕事じゃないから、言い訳する人にそもそも個人事業という働き方は向いていないんです。

 

起業で成功する法則⑥ 常に自分を信じ続ける

こういう話をすると、「じゃあどれくらいの期間、やり続けたらいいですか?」とか、「習慣化されるまで何ヶ月位かかりますか?」っていう人がいます。

もしそこを意識するくらいなら、多分その仕事は向いていないと思うし、転職した方がいいと思います。

これは偉そうにいうわけじゃなくて、自分に向いてない仕事を頑張ることほど時間がもったいないって思うことはないと思います。

仕事って本来楽しむものです。

小さい頃、将来の夢は?って聞かれて、サッカー選手、学校の先生、ケーキ屋さん、歌手、社長になりたいなど、やりたいことやなりたいものはどれだって仕事につながるものだったと思います。

それが大人になったら、お金や生活費のために仕事をしている人の方が多くて、安定や将来の不安を少しでも減らせるように、今の現実の暮らしを少しでも豊かにすることだけに重点を置いている人もいると思います。

そんな毎日にワクワクしますか?

理想と現実は一緒にならないものですか?

消化試合みたいな人生の使い方でいいんでしょうか?

あなたが望めばちゃんと未来は変わります。

どんな嫌な現実だって、見込みのない将来の目標だって変えられる力をみんな持ってます。

ぜひ、目標をしっかり立てて、セルフマネジメントを意識して、自分らしい働き方や生き方を手に入れてください。

2020年のブログ講座募集スタート!