その商品、本当に売れるの?

買い物する女性

こんにちは!
女性起業・副業のマーケティングコンサルタント、間実夏(はざまみか)です。

「その商品、本当に売れるの?」

これは私が会社員時代、

企画営業の仕事をしてた頃に

上司にいつも言われていた言葉です。

 

新しい商品やサービスの企画を考えて

開発サポートから販売促進を考えて

売ってくれる営業マンを育成する事が

私が一番長くやってきた仕事なんですが

いつも色んな情報サイトの

メルマガを読んで

旬や流行りの市場、

市場のニーズや動向を意識しながら

アイデアを考えて

企画書を作って

上司に提案しにいくんですが

毎回上司たちへのプレゼンが終わると

必ず言われてたのがこの一言。

 

「それ、売れるの?」

 

この言葉を聞くたび

毎回相当なプレッシャーを感じてて

プレゼンの度に

胃が痛くなってました。

 

しかも

熱望して入社した会社でもなかったから

会社や商品に対して

情や思い入れもなかったし

正直、商品への魅力も感じてなかったんです。

 

当時は生産性や利益率みたいな

お金のことなんて

考えたことなくて

とりあえず何か企画書書かなきゃ

アイデアを出さなきゃって思って

新しいことを探したり

情報収集したり

なんか目の前の事に必死だったけど

今ならすごくよく分かる。

 

これから新しい商品を

作れる立場にいるのに、

わざわざ売れなさそうな物を

作ってる時間も、

そこに投資するお金ももったいない。

 

そんなの、そもそも意味がない。

 

市場に求められている物で

存在していないもの、

「こんなのがあればいいのに」

っていう物を

商品にして市場に出す事が

商品開発の仕事。

 

これは副業でも個人ビジネスでも同じ。

 

市場に求められなければ

ものは売れないし、

どこでも買える商品なら

人気のあるお店や

安く買える方法で買いたい。

 

何か副業を始めたい

何か自分にできることをやりたい

隙間時間でお小遣い稼ぎをしたい

起業やフリーランスで稼ぎたい

 

そう思うなら、

「それ買いたい!」って思われる

魅力的な商品を作るか

魅力的なオファーを考える。

 

集客を頑張るより

スキルアップや資格を増やすより

ブログの書き方やSEO対策、

フォロワーの増やし方を勉強するより、

ブログやSNS投稿を頑張る毎日より

商品内容の見直しと

他より魅力的なオファーを考える事が先。

 

これが私が考える

売れる商品の考え方です。

 

有料だと売れない商品や

市場ニーズの少ない商品

どこでも買える商品

ニッチすぎる商品を売ろうとすると

集客とセールスが大変になるだけ。

 

少しでも楽に売りたいと思うなら

本気で稼ぎたいって思っているなら

自分にできる事で

困っている誰かを救いたいと思ってるなら

他にはない魅力的な商品を作る

他よりも魅力的なオファーを考える

 

是非この2つを見直して、

売れる商品を考えてみてはいかがでしょうか?

 

無料メール講座のご案内

女性が好きな事、得意な事を活かして、あなただけの売れるオリジナル商品を作って、楽に売れる方法がメール講座で無料で学べる!

 

2020年のブログ講座募集スタート!