【オンライン起業の始め方5日間の動画講座】プレゼント!今すぐ視聴する>

仕事で早く成果を出せる人の3つの共通点

スキルや技術を磨いても、言われた事を頑張っても、結果が出やすい人と、時間がかかる人がいますよね。

努力しているのになかなか芽が出ない、頑張ってるわりには、思うように結果や成果につながってない気がすると思った事はありませんか?

逆に、ちょっとやり方を教わっただけでも、すぐに結果が出せる人もいます。

この理由に早く気付けるか気付けないかによって、無駄な時間やお金を使わなくても済むようになります。

▶︎動画で見る方はこちら

目次

仕事で早く成果を出すための3つの共通点

早く結果や成果を出せる人たちには、いくつかの共通点があります。

成果が早く出る人の共通点

  1. 自分の強みを活かせているか
  2. 過去の経験と結びついているか
  3. 自分に合った働き方ができてるか

運やタイミング、才能や学力が違うから、と思う人もいますが、そうではありません。

一言でいうなら、自分にあった仕事にたどり着いていないだけの問題です。

あわせて読みたい
【体験談】主婦の仕事探しで後悔しないための5つのポイント 子育て中のママや主婦にとって仕事探しは意外と難しい・・・。 ママや主婦向けの求人サイトや仕事は色々あるけど、条件だけで選んであとで後悔しないために、仕事探しの...

①自分の強みを活かせているか

まず第一に、自分の強みがしっかり活かせている仕事を見つけるためには、自分の強みが何なのかを知る必要があります。

ただ自分の強みというのは、強み診断やテストなどで見つけるものではありません。

その人がもともと持った得意な事というのは、当たり前すぎて自分では気付きづらいと思います。

だから他人に見つけてもらう必要があるのです。

でも、強みを強みと受け取れない人はたくさんいます。

例えば、仲の良い友人に「〇〇さんってセンス良いよね」と言われても、まずは自分自身で私は普通の人よりセンスが良いんだと認めて、自信につなげて、そういう仕事をしてみようかなと行動する事ができなければ、強みを仕事に活かしたりする事はできないですよね。

一方で、他人から「〇〇さんのこういうところ凄いよね!」と言われた時に、すぐに何か形にしてみようと行動できる人もいます。

その違いは自己肯定感と自己効力感があるかないかという違いです。

自己肯定感というのは、自分の事や存在そのものをしっかり認める事です。

自己効力感というのは、自分にはできると信じる事です。

この2つがある事で、強みを仕事や社会貢献に繋げていけるかや、行動し続けられるか、成果を出しやすい人になれるかに繋がっていきます。

②過去の経験と結びついているか

続いての共通点は、過去の経験や実績、成功体験などに繋がっている事です。

全く新しい事に興味を持って始めようとしても、うまくいかなかったり、長続きしないのは、脳の影響によるものです。

私たちの脳は、過去の経験や見聞きした情報から、自分の中の価値観で、これをやったらどうなるかを予測しながら行動の選択を決めています。

これまでに体験したことがない事に対する恐怖心は、脳科学でいう安定化指向のせい。

人はコンフォートゾーンといって、自分にとって心地いい場所があって、それは習慣化されたいつもの日常だったりするんですが、ここから出ることは脳が危険と判断して嫌がるんです。

それに、全く新しい事を始めるという事は、ゼロからスタートするのと同じ事なので、成果が出るまでに時間がかかるのは当たり前のこと。

成果が出やすい人は、これまでの人生の中で、現在成果を出している仕事に結びつく体験や経験を他の人よりもたくさんしてきているだけで、才能でも運でもなんでもない人がほとんどです。

新しいことに挑戦することは良いことかもしれませんが、これまで生きてきた中で培ってきた経験や知識、興味関心のあることに繋がる事を仕事にした方が、これから未経験の事を頑張るよりも楽にできるし、得意なはずだし、自信も持てるはずです。

行動量や努力でカバーできる事もありますが、流行りだからとか、お金になりそうだから、楽しそうだからという一時的な感情で仕事を選ばず、自分の強みとか経験の延長線上にある仕事にたどり着いているかが、楽に成果を出す人とそうじゃない人の違いなんです。

③自分に合った働き方ができてるか

成果を出し続ける人は、自分にあった働き方ができている人です。

努力して成果を出せる人はいますが、一生苦手な事を頑張り続ける事は苦痛やストレスでしかありません。

強みや経験を活かせる仕事が分かっても、自分にあった働き方ができている人とできていない人では、仕事に対するモチベーションも全然違うし、行動のスピードも違います。

嫌なことや退屈なことをやっている時間は長く感じるけど、好きな事をやっている時間はあっという間です。

この時間の感覚がすごく大事で、1日や1年があっという間の人は、自分にあった仕事と働き方ができている人です。

ただ、大抵の人が自分の好きな仕事が見つかっても、自分にあった働き方をしていない人が多いです。

人にやらされたり、これをやったら良いよと言われた事を頑張ってたり、自分に合わない環境と気付きながらも我慢したり、違和感を感じても仕事とはそういうものだと苦痛やストレスを見逃そうとしてしまいがちですが、自分にあった働き方はいくらでもあります。

お金のため、周囲のため、不安を誤魔化すためではなく、本当はどうしたいのか、何が理想なのか、それを手に入れるためにはどういう方法や選択肢があるのか。

実行しないまでも、一度考えたり、見直してみることもおすすめです。

【まとめ】仕事で早く成果を出せる人の3つの共通点

強みや経験がちゃんと活かせる仕事が見つかれば、苦手な事を頑張る半分の労力と半分の時間で成果を出す事ができるようになります。

そして、成果を出すために大事な事は、新しいスキルや資格、他人の成功事例やノウハウを手に入れる事ではありません。

流行や情報を取り入れることは大事かもしれませんが、頭ではなくて、やりたいかやりたくないか、楽しいか楽しくないか、心の声や潜在意識に耳を傾けると、もっと楽に仕事も人生も楽しめるようになると思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる