主婦が副業で10万円稼ぐという事

私は3年前までは普通の専業主婦でした。

子育てが少し落ち着いてきた頃にパート主婦になって働き始めたのですが、夢や将来性を全く感じない仕事に貴重な自分時間を費やすことに対して、嫌気がさして自分で起業して働こうと決意したのです。

とはいえ、何かやりたい事が決まっていたわけでもないので、まずは好きなことを仕事にしてみようと思い、アルバム作りが好きだった私はスクラップブッキング教室の講師になろうと決めてすぐに資格を取りに行き、思いついた5か月後には見事講師デビューを果たしたのです。

資格起業は誰でも簡単に独立できる方法

資格を取って講師になるという事が「起業」と言うのか「副業」というのかはさておき、きちんと税務署に起業届を提出して仕事をスタートさせました。

ゼロから何かを始めたい女性や主婦にとって、資格というものはとっても便利な存在。

数万円~数十万円程度で資格という肩書が手に入り、基礎を学ぶことができるからです。

そもそも私が自分で起業したかった理由は、当時まだ0歳だった息子と一緒にいながら働く事ができるから。

そう。今思えば、別に起業したかったわけでも、会社を作って社長になりたかったわけでもない。

子育ての合間を利用して3万~5万円、できれば10万円位の収入が得られたらいいな、という軽い気持ちで始めたのがきっかけでした。

私が教室を開催しようとする地域には競合もあまりいないし、こんなに楽しいんだから、絶対近くに教室があればみんな来るんじゃないかなって思って、安易な気持ちと期待だけでスタートさせたのです。

起業には初期投資が必要

資格を取るためには10万円近い受講料が必要でした。

パートや会社員として働く場合には初期投資は必要ないけど、自分で仕事を始めるとなると勉強という自己投資が必要。

でもどうせ働くなら、好きな事で、子供との時間も確保しながら隙間時間で働きたい。

私は0歳の我が子の成長もそばで見守りたかったし、自由になるお金も欲しかったんです。

それに10万円程度の初期投資で、好きな仕事で収入を得ながら自由な働き方が出来るようになるなら、リターンの方が確実に大きいと思ったのです。

講師資格の講座では、教室開業に関する講座も含まれていたりしたのですが、全く参考にならなかったので、軽く同業へ潜入調査に行き、必要な道具や材料を買い揃え着々と教室開業の準備。

初めはサンプルを作って、アメブロで告知をスタートしたのですが、募集期間1ヶ月で来たお客さんは1人だけ。

残念な気持ちはありましたが、私自身も講師としてデビューしたばかり。

ちゃんと教えられるか、分からない事を聞かれたらどうしよう?とか、突然沢山のお客さんがいても対応できるか不安だったので、前向きに捉えて、地道に講師経験を積もうと思ったのです。

でも、2回目も、3回目もお客さんは1人だけ・・・。

私の計算では、一回の教室で6人集めて、単価1500円だったので、月8回位開催して、7万円くらいになる計画・・・。

でも、たった1人しか来ないから、会場費や材料費で全くプラスにならない状況。

これはマズイ!と、何がいけないのか悩みに悩みました。

  • ブログの書き方なのか?
  • 価格の問題なのか?
  • サンプルが魅力的じゃないのか?
  • 広告や宣伝が足りてないのか?
  • 会場の場所が不便だから?
  • 材料が少ないからかもしれない。

お客さんが集まらないから、何が原因なのかを探る事さえもできず、原因が分からないまま毎日が過ぎていきます。

相談したり聞ける人も周りにはあまりいなくて、聞いてもはっきりした回答が得られず、お互い頑張ろうね!といった感じ。

その後、色々探っていくうちに気付いたことは、みんな副業として働いているという事。

つまり、週2~3日はパートの仕事をして稼ぎながら、隙間時間に趣味教室の運営をしているという状況。

これが一体何を指すのかというと、趣味教室=お金にならないという事を物語っているのだと思いました。

こんな感じで、集客に関しても、売上アップの方法についても、何のサポートもアドバイスも知恵も借りる事さえできず途方に暮れながらアメブロでベビー系教室やサロン経営をしている人のブログを見て、予約キャンセル待ちです!とか、満席~!みたいな文字を見るたびに、一体私の何がいけないんだ!?と、毎日暗く暗く落ち込んでいたのです。

試行錯誤の繰り返し

この頃の私は手探りに手探りを重ねて、色んな企画を考えたり、価格設定をシンプルにしたり、広告を増やしたり、材料を沢山仕入れたりする事で2か月目、開催5回目位には3~4人くらいまでは集客出来るようになったんです。

でも、月8回の教室を全て満席にする事は出来なかったし、子供の熱とかで当日キャンセルがあったり、連絡無しで来ないお客さんも結構沢山いて、色んな意味でやる気を奪われた2か月目でした。

集客方法、リピーターを増やす方法、教室の運営や料金設定など、迷いに迷って、ブレまくり、迷走状態。

そんな中で、『集客方法教えます』とか、『ゼロから起業して100万円』とか、勧誘らしきメッセージが沢山届くようになって、これで私の進む方向性が見えるなら・・・と思ったりもしたのですが、私には資金がありませんでした。

資格取得と開業準備の仕入れ等で、数十万を使っていたので、これ以上何かを学ぶためには夫の稼ぎから拝借・・・という手段しか残ってなかったのですが、それはどうしても私自身が許せなくて断念。

なるほど。こうしてみんなパートと掛け持ちしているのか!とこの時気付きました。

でも私の場合は、0歳の息子の預け先はないし、せめて資格取得の10万円や、教室準備の為に揃えた材料費を回収するまでは絶対やめられない!と更に試行錯誤を繰り返す日々を送るのでした。

マーケティングの重要性に気付く

私の中で趣味教室は、お客さんも自分のような主婦やママだからと、どこまでも趣味の延長のような感覚でした。

でも、お客さんを集めてしっかり運営して、売上を上げて、利益を出していくためには、普通にビジネスの構造が前提にあることをなぜか全く意識せずに進めていたんです。

マーケティングやセールスはそもそも得意分野。

昔やって来たことを忠実に思い出していくと、それまで見えなかった課題が沢山見えてきました。

それは、価格の問題やサンプルがどうとか、教室に魅力がないのか?という疑問ではなくて、根本的にターゲットへのアプローチが出来てなかったという事。

だって、アメブロしか告知してなかったんですから。

すごく狭い視野で、固定概念だけで進めてた2ヶ月を猛省して、分析、戦略、行動に出たところ、遂に憧れの満席超えの教室にする事ができたのです。

それが2016年の12月の事。教室スタートから3か月後の事です。

リピーターさんも増え、口コミでも広がり、お友達がお友達を呼んでくれたり、新規のお客様も半分以上呼び込めるようになりました。

次に訪れた試練は年末の壁。

幼稚園や学校が長期休みになると、どうしても教室に人が集まりにくい。

上の子も一緒だと大変だから、集中できないから、また学校が始まったら…という感じでら年末年始、春休み、夏休みは普通の教室には集客しずらい。

その為に親子で参加できるイベントを組んだりしてみたものの、イベントは経費や労力がかかって、その割にはリピーターとしても繋がりにくい部分もあったりして、非効率という結論に。

こうして1年近く運営していくうちに色んな事が分かり、今はやっと安定した集客と売上、キャンセルも激減する方法なども取り入れて、半年位で初期投資を回収して、1年後位からようやく目標の月収を手にする事ができました。

起業して1年たって思う事

スタートから1年、ゼロから自分の力で稼ぐって本当に大変だなと痛感しますし、パートで働いている方が全然気楽だと思うのが正直な感想。

時間で仕事は区切られるし、オンオフがしっかりできるから、子供との時間もしっかり確保できる。

今は、仕事が忙しくなりすぎて、子供との時間は本当に少ないし、子供達が寝るまでは仕事も進まないので睡眠時間も削るような状態。

私の理想の余裕ある生活とは程遠い気もするのですが、不思議な事にもう雇われて働こうとは思わないんですよね。

それはきっと自分の力で稼げるという事を知ったからなんだと思います。

私の起業は、順調に進んだわけではないし、継続できる本当の意味での立ち上がりには8か月~10か月かかったので、もしかしたら遅い方なのかもしれないです。

それでも子供が小さいうちにスタートさせた事はよかったと思っています。

子供が大きくなってくると、どんどん必要なお金が増えていきます。

そして何かを始めたいと思った時、「好きなことで起業しよう!」という発想よりも、「とにかくお金を稼がなきゃ」という考えの方が先行して、手っ取り早く稼げる手段としてパートや社員という道を選択していたと思います。

起業初期はやる事が沢山ありましたが、大変だったという感覚よりも、夢中であれこれ考えて進めてきたという感覚です。

そしてパートと起業の圧倒的な違いは、生産性と上限です。

時給や月給という働き方や、拘束時間がある働き方を卒業して、自由と欲しい収入を手に入れる事ができるのが起業の最大の醍醐味なんだと思います。

どちらにしても、自分に合った働き方を選択できる自分になる事が最強じゃないのかなと思います。

 


『好きなこと』を『仕事』に変えたい大人女性の幸せ起業

結婚しても、ママになっても、女性はいつだってきれいで楽しく自由に生きていける。

たった1つの選択と行動をするだけで叶えられる未来がここにあります。

Beyond the futureはいつまでも輝き続けたい女性の起業を楽しみながら実現するために徹底サポートします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です