ブログで集客できない時に見直すべきたった5つのポイントとは?

私は毎日、クライアントのブログやホームページをチェックしたり、ネット検索で人のブログをチェックしたりしているのですが、「うわー!これはもったいない!」と思う募集記事をよく発見します。

自分のブログ記事って、灯台下暗しすぎて自分では気付きにくい事が沢山あるもの。

私もブログや広告記事は、時々読み直して、適正リンクが貼られてるかとか、読みづらい文章や誤字脱字がないか再チェックしたり、必要に応じて修正したりするのですが、なかなか他人で親切にブログの改善点などを指摘してくれる人はあまりいないと思うんです。

個人事業主は常に自分で気付き、自ら必要な事を見つけて行動し、必要な知識や力を身に付けたりしていかないといけないし、やる事がいっぱいで本当に忙しい。

でも、まずはお客さんが来ないと何も始まらない。

そこで私がよく見る「もったいないなぁ~」と思う、ブログの募集記事の書き方の一例をご紹介!

ちょうど今日見たエステの募集ブログ記事がやばかったので、サンプル記事に大抜擢しました。

まずはこちらをご覧ください。

タイトル:「夏に向けて新しいメニューがでました!」

本文:こんにちは!エステサロン☆☆☆です。

今日はあいにくの雨でしたが、お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

今日は新しいコースメニューのご案内です☆彡

夏に向けて、フェイシャルスペシャル毛穴ケア90分コースをご用意しました。

これからの季節、毛穴の黒ずみ開きなど気になる部分を今のうちにしっかりケアして、紫外線に負けない肌を作りませんか?もっとじっくりやってほしいという方には120分のコースもご用意していますyo!

その他、気になる事があればお気軽にご相談ください。

ご予約お待ちしています

【6月の予約可能スケジュール】

6月1日 10時~
6月4日 10時~ 14時~
6月5日 満席
6月6日 13時~ 16時~
6月7日 10時~ 18時~
6月8日 11時~ 14時~
6月11日 13時~ 16時~
6月12日 10時~
6月13日 満席



▶ご予約は下記メールからご連絡ください。

お問い合わせ→ ×××-×××.××123★gmail.com

★を@に変えて送信してください。

皆さまのお申し込みお待ちしております!

アメブロでよくあるある!見る見る!の代表みたいな募集記事ですが、私からしたらツッコミどころ満載です。

それでは早速1つずつ解説していきます。

1.タイトルから中身が想定しづらい

本だってブログだって、タイトルがとっても大事。

情報が溢れているインターネットの世界では、私たちも含めて殆どの人は、まずはタイトルを見て、その記事を見るか見ないかを判断します。

上記のサンプルブログ記事だと、『夏に向けて新しいメニューが出ました!』というタイトルは、ファン層のお客様には興味を持ってもらえるかもしれませんが、このタイトルを見て自分に有益な情報が書いてあるかは判断できないのが残念なポイントです。

タイトルと中身が一致している事は見やすさの観点でも、本当に見てほしい人に見てもらうようにアプローチするためにもとっても大事なんです。

タイトルは一目で中身が分かるような分かりやすいキャッチコピーをつけましょう。

2.潜在ニーズユーザへのアプローチができていない

ブログの目的は、悩みはあるけどあまり強く認識していない、または悩みはあるけど緊急性を感じていない人達の潜在ニーズにアプローチするために有効な手段です。

上の図でいうと、顕在客以外の99%の人達にアプローチできる手段が、ブログによる情報提供という方法なんです。

でもこの記事に書かれてる内容はメニューの紹介だけなので、既に毛穴に関する悩みを感じている1%の顕在客にしか響かない文章という事。

せっかくインターネットを使って多くの人にアピールできるんだから、お家でできるホームケアやセルフケアの方法や対策のアドバイスなど、役に立つ情報を交えつつ、それでも解決できない場合にはエステサロンでしっかりケアできますよ!という流れの方が、ブログで読者にアプローチするためには有効な方法だったりします。

3.フォントやカラーがごちゃごちゃしてて読みづらい

強調したい言葉や文章はフォントやカラーを変えるのはいいのですが、あまり色んなパターンを混在させ過ぎると、どれが強調したい部分なのかも分かりにくくなってしまうし、何より読みづらい。

カラーは2色まで、フォントや太字にするのは、目的に関連する語句だけに限定します。

そして、この記事の一番の目的は、予約に誘導する事なので、予約の部分が一番目立つように書きます。

4.申し込みに手間がかかる

メールアドレスに誘導したり、@を★で表示したり、リンクが貼られてなかったり、申し込みフォームが無かったり。

とにかく予約するのに手間がかかり過ぎる!

このサンプルケースで言うと、

①メールアドレスの部分をコピー

②メールを立ち上げてアドレスをペースト

③★を@に変更する

④件名を考えて入力

⑤本文に書く事を考えて入力

こんなに手間をかけさせないと予約できないなら、よっぽどの魅力がない限り利用しないと思います。

メニューや日にち、時間など、選ばなければいけない項目が沢山あるなら、最低限、予約フォームくらいはちゃんと用意しましょう。

5.全体的に売る気がない

メニューの詳細が分からない上に、金額も分からない。

予約をするのにも手間がかかる。

サロンやコースのイメージがわかない上に、場所や地図の明記もない。

ここのエステサロンの評価や口コミも気になる。

つまり、このブログページだけでは安心して予約申し込みができない。

ブログで全てを完結させようとすると、情報ページを色々用意する必要があったり、更新状況が最新になってなかったり、飛び先のリンクが間違ってたり、作ってる方もどのページに何を書いてるかが把握できなくなってくるので、ブログの更新管理はしっかり行う必要があります。

個人サロンによくあるこういったブログ集客は、せめて予約の流れをスムーズにするだけでも、ロス客はだいぶ減らせると思うので、もし思い当たる箇所があったら、予約誘導の流れを改善してみてくださいね。

【関連記事はこちら】

みんな集客出来ないんじゃなくて、「集客してない人が殆ど」だと思う件について


読むだけで起業がどんどん楽しくなる!

これから好きな事で働きたい方や、今のお仕事をもう少し軌道にのせたいなって考えている方など、理想のライフスタイルを手に入れたい女性の起業や集客に使える有料講座の内容や、成功に導く秘密を、今だけ無料で配信中!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。