理想的な母親とかって幻想だと思う

理想の母親、憧れる母親ってどんな人?

いつも笑顔で優しいお母さん

あまり怒らないお母さん

いつも一緒に遊んでくれるお母さん

何でも買ってくれるお母さん

現在子育て真っ最中のお母さんは、あなたが思う理想通りの母親になれていますか?

子育てをしていて、少しでもイライラすることがあるなら、「こうしなきゃいけない」とか、「こうであるべき」みたいな理想があると思います。

でもその理想と現実にギャップがあると、葛藤になってイライラやストレスの原因になるんですが、そんな時、ダメな母親だな・・・とか、いつもイライラしたり怒ってばかりいる・・・とか、自分を責めたり、落ち込んだりする事はないですか?

私は独身の頃、子供との接点があまりない環境にずっといた為、赤ちゃんや小さい子供との接し方や話し方がよく分かりませんでした。

周りにも結婚してる友達や、子供がいる友達も少なくて、情報も何もない中での子育てスタートだったから尚更、育児ってどうやるの?子育てってどうしたらいいの?という疑問ばかりでした。

そんな中でネット情報と手探りで子育てを続けてきたわけなんですが、1歳が過ぎて、子供に少しずつ自我が出始めてきた時に、初めての戸惑いがありました。

それまでは、私の助けがないと何もできなかったから、言い方を変えると全てが私の思い通りだったんですよね。

それが当たり前の生活をしている中で、ある時、急に、「あなたの助けはいらない!」って言われるわけです。

私は、突然やってきた我が子の自我に対して、どういう風に接したらいいのかを考えた時に、『理想の母親』というものを自分の中に創り出しました。

それは自分の親の良い部分だけを切り取ったものだったり、ドラマなどで描かれているような母親だったり、そういうのを全て集めた総合的な母親がいい母親だって思いこんだんです。

子供の事を一番に考えて、子供との時間を大切にして、子供の成長のためにやれることを最大限にやるのが親の務めだと思って、子供が間違った方向に進まない事や社会のルール、マナーなどを教えることも親の責任とか、キリがないくらい沢山あって。

でもそんな完璧になんでもかんでもできない。

急いでる時もあるし、買い物に行って毎回おもちゃって大騒ぎされたらまたかって思うし、泣き声だけでも相当なストレスだし。

そんな時に、自分の思い通りならなかった事で怒ってしまう事に対して、私の都合で怒っちゃったなとか、もっと余裕持って準備したりすればよかったとか、あそこまで怒る事でもなかったなとか、子供が泣き疲れて寝た後に、冷静になって、子供の寝顔を見ながら申し訳なかったな、ダメな母親だなって思ったりしてたんです。

もっと寛大に接してあげたい、でも甘やかしすぎるのも逆に良くない。

どこまで優しくして、どこまで厳しくしたらいいのか、その辺の線引きがよく分からなくて。

そんな悩みを抱えている時に、育児書を読んでみたら?って勧められたんです。

そして友達に聞いたり、保育士さんがお勧めする育児書とかを本屋さんで立ち読みしてみたけど、ちょっと読んだだけで私には出来そうにないなって思ったんです。

次に行政の育児相談みたいな所に電話もしてみたんです。

でも育児書に書いてある事と同じような事を言われて、まあ様子を見てみましょうといった感じ。

結局納得のいく答えが見つからない中で、私がたどり着いた自分なりの答えは、「理想の母親になる必要なんかない」という事でした。

そもそも理想のママは誰が決めた「理想」なのか?

この理想は、私が勝手に決めた幻想なんだって気付いたんです。

「理想の母親なんて存在しない」

そして何より、一番のポイントは、そもそも私が育児書通りになんか子育てできない。

ほめて伸ばすとか、自由にのびのびと育てようとか、早寝早起き習慣とか、食育とか、色々あるけど、私が興味を持たなければやらないし、子供のためにやろうという強い意志と行動がないと成立しないと思ったら、ますます出来ない事に気付いて、結果、周りを意識しすぎる事や頑張る事自体を辞めました。

これは2人目の子供が産まれて子育てしているうちに気付いたんですが、同じように子育てしたって違う子に育っていく。

得意な事も苦手な事もそれぞれで、むしろ程よく育児放棄している今の方が、あれこれ考えて頑張ってた頃と比べて、のびのび育っている気がする。

だから、初めての子育てとかで悩んじゃってる人とかには、自分が子供とどう向き合うかとか、子供の成長や将来のために親として・・・みたいな事を一生懸命考えるよりも、自分自身が楽しんで、ストレスを抱えずに過ごせる方法とかを考える方がよっぽど建設的な気がするんです。

どんない小さな子供だって人格を持つ1人の人間なんです。

私がいないと・・・って思っているのは、押し付けの執着だと思います。

働かない彼氏を自分の傍に置いておきたいから、甘やかしてお金を貢いじゃうのとおんなじ。

親は無くとも子は育つというように、そんなに一生懸命子供に全力で向き合わなくてもちゃんと子供は成長します。

本当に大事なら子供を信じて、親はあまり干渉しないで、必要とされた時だけ話をきいてあげたり、人として道を間違えそうになった時に軌道修正してあげる程度に接する位が丁度良いと思います。

 


読むだけで起業がどんどん楽しくなる!

これから好きな事で働きたい方や、今のお仕事をもう少し軌道にのせたいなって考えている方など、理想のライフスタイルを手に入れたい女性の起業や集客に使える有料講座の内容や、成功に導く秘密を、今だけ無料で配信中!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です