確定申告について

税務署

毎年2月中旬~3月は確定申告の時期です。

ほとんどの個人事業主の方は、自分で帳簿を付けて売上を管理していると思いますが、確定申告の時期は何かと忙しい時期でもあり、後回しになりがちです。

普段から数字を意識している個人事業主の方はこの時期に仕事が増えることはないかと思いますが、この時期が近づく事で『憂鬱…』『仕事が増えて大変』と思う方は、おそらく経営はどんぶり勘定なのでは…?

え?そもそも確定申告って何?

 

今日は、去年から個人事業主として起業した方や売上が一定額以上を超えた方に少しでもわかりやすく、確定申告とはどういうものなのかをお伝えしたいと思います。

 

『確定申告ってなに?』

確定申告とは、1月1日~12月31日までの1年間の所得税額を計算して、税務署に申告して納税する事です。

 

『確定申告の期間』

定められている期間は2月16日~3月15日までです。この期間以外でも受け付けてはくれますが、延滞税や加算税など罰金の対象となったり、今後融資を受けたい人にとってはマイナス評価になるのでご注意を!

 

『確定申告が必要な人はどんな人?』

ここでは個人事業主の確定申告のみについてお話しますと、専業で事業を行っている人の場合は38万円以下、副業で事業を行っている人は20万円以下の所得の場合は申告を行う必要がありません。

※所得とは、収入から仕入れや経費を引いた金額です。(収入―仕入れや経費=所得)

 

『申告の種類は青色と白色の2種類』

白色申告の特徴
  • 事前申請の必要なし
  • 簡易簿記の様式でOK
青色申告の特徴
  • 事前申請が必要
  • 複式簿記の様式で帳簿を付けなければならない
  • 10万円or65万円の特別控除が受けられる
  • 最長3年赤字の繰り越しができる
  • 親族への給与が経費計上できる
  • 少額減価償却資産の特例(30万円未満のものまでは減価償却じゃなく経費計上できる)

 

どちらが良いかは業種などによって起業届を出すときに税務署でも教えてもらえます。

青色申告の方が面倒ですが、受けられるメリットは沢山あるので、個人的には青色申告がお勧めです。

ここではざっくりご紹介しましたが、税務上の手続きは細かいルールが沢山あります。

間違いなく、正確に納税する為にも、事前に確認したり、確定申告の際に担当の方に確認しながら手続きを進めて下さいね!

平成29年度分確定申告に関する詳細ページはこちら

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/index.htm

 

私はこの面倒な確定申告を18歳からやっています。

固定給の他に歩合やコミッションがある営業職は、源泉徴収票と支払調書の2つの書類が渡されます。それらを持ってこの時期、個人で確定申告を行わなければいけません。

昔は確定申告って、面倒くさい作業としか思っていませんでした。

いつも領収書をもらい、2月頃になると仕分けをしたり計算して、まとめて提出しなければいけないというこの作業。

他の部署の人はやらなくてもいい作業を営業だけやらなければならない事に不満を感じていたし、なんのためにやらなければならないかさえいまいち理解していませんでしたし・・・。

でも、自分の収入や売上を管理していく上で、税金の仕組みや節税を知る事はとっても大事な事だと気付き、毎月帳簿を付けるという作業をスタンダードにして生きてきました。

専業主婦になってからも家計簿を当たり前の感覚で続けています。

家計と事業の数字を把握する事は、事業を行う主婦にとってはとっても意味のある事だと思います。

なぜなら、子供の事や家計で支出が増える時期と、事業の売上のバランスを把握しないと、家計の資金繰りが厳しくなる事があるからです。

私のお客様や、個人事業主の知人・友人など、殆どの人が売上管理をしていない様子です。(もちろんきちんと管理してる方もいらっしゃいますよ!)

皆さんはいかがですか?

「帳簿を付けるレベルじゃない」とか、「売上は大体把握している」という方は大切な部分を見落としていたりします。

大切な部分=経費

売上金額よりもしっかり把握しなければならないのは経費の部分です。

例えば、今月は売上が10万円位あったし、副業としてはまあまあかなと思ったとします。

でもその10万円を売り上げる為にかかった広告宣伝費、交際費などを始め、必要に応じて先行投資を始めたりと、商売やビジネスを行っていく上では、単純な仕入れと売上では終わらないと思います。

毎月そこそこ売りあがっているのに、預貯金がどんどん減っていく経営者の方は、収支のバランスが見えていない事が原因だったりします。

だいたいの感覚で収支を把握するのではなく、面倒くさくてもきちんと帳簿管理で可視化する事で、売上や目標に対する意識も高くなるし、無駄な投資や支出を抑えようというシビアな経営者目線に切り替わります。

そうすると、行動にも無駄が減るし、お金が発生する事柄に対して、必要なものを見極める力が育ちます。

これまでお金の管理ができていなかった人は、確定申告の作業と並行して、1月1日から今日までの帳簿もつけてみる事から始めてみてはいかがでしょうか?


女性が起業で成功するために

起業の成功事例や失敗事例、分かりやすいネット集客方法などのノウハウがギュギュギュッと詰まったメルマガを、成功したいあなただけに特別に無料でお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。